特定健診とは

メタボリックシンドロームに着目し、「病気を予防する」ことを目的とした特定健康診査(特定健診)・特定保健指導が、医療保険に加入している40~74歳のすべての方を対象に、平成20年度から実施されることになりました。この特定健診では健診結果に基づき、メタボリックシンドロームのリスクに応じて保健指導レベルを決定し、特定保健指導が行われます。

実施項目

・ 身体計測 (身長・体重・BMI・腹囲)
・ 理学的検査 (身体診察)
・ 血圧測定 
・ 血液検査 
   脂質検査 (中性脂肪・HDLコレステロール・LDLコレステロール)
   血糖検査 (空腹時血糖またはHbA1c)
   肝機能検査 (GOT・GPT・γ-GTP)
・ 検尿 (尿糖・尿蛋白)

<一定の基準の下、医師が必要と認めた場合に実施>
・心電図検査 ・眼底検査 ・貧血検査(赤血球数・血色素量・ヘマトクリット値

 

特定保健指導レベル

健診結果に基づき、4つのステップでメタボリックシンドロームのリスクに応じて保健指導レベルを決定します。
生活習慣の改善の必要性が高い人を「積極的支援レベル」、中程度の人を「動機づけ支援レベル」、低い人を「情報提供レベル」と3つのレベルに分け、保健指導が行われます。

 

特定保健指導

健診結果により決定した3つの保健指導レベルに合わせ、一人ひとりにあった健康づくりの方法を考え、支援していくことが特定保健指導です。「積極的支援レベル」「動機づけ支援レベル」の方は保健指導に積極的に参加して、メタボリックシンドロームを予防・解消しましょう。

情報提供レベル 動機づけ支援レベル
積極的支援レベル
(健診結果と同時実施) (個別またはグループによる面接を実施し6ヶ月後評価する支援) (個別またはグループによる面接を実施し6ヶ月後評価する支援)
健康な生活習慣の重要性に対する理解と関心を深め、生活習慣を見直すきっかけとなるよう、基本的な情報を提供します。 メタボリックシンドロームのリスクが出始めた方を対象とした保健指導です。対象となった方には、医師、保健師または管理栄養士による保健指導が1回行われます。保健指導により、自分の生活習慣の改善点に気づき、無理のない行動目標を立てるサポートを受けることができます。 メタボリックシンドロームのリスクが重複している方を対象とした保健指導です。対象となった方には、医師、保健師または管理栄養士による保健指導が3~6ヶ月間、積極的に行われます。生活習慣を改善するために、無理のない行動目標を立て、継続していくためのサポートを受けることができます。
 

特定保健指導内容について

支援形態は、個別支援・グループ支援・通信支援に分かれており、メタボリックシンドロームを予防改善するために、運動面、食事面から支援を行います。運動についてはエクササイズガイド、食事についてはバランスガイドに基づき、対象者それぞれの生活習慣に合わせ、ご自身で生活改善できるよう支援を行います。

 

個別支援

1回20分程度で個別に面談を行います。担当者と一対一の面談ですので、プライバシーが守られています

  
  
 

グループ支援

1回80分程度の8人以下のグループで支援を進めていきます。
同じ目標を持った仲間と意識を高め合うことができます。

  
  
  
  
 

特定保健指導の利用方法

健診の結果、特定保健指導の対象者となった場合、加入されている健康保険組合より特定保健指導利用券が発行・送付されます。当プラザでは専門家(保健師・管理栄養士・健康運動指導士)があなたのライフスタイルにあわせて生活習慣の改善方法のアドバイスを行っております。特定保健指導を活用して、生活改善に努めれば、発症のリスクを下げることができます。完全予約制ですので、特定保健指導利用券が送付されましたら、お電話にてご予約を承っておりますので是非ご利用ください。特定保健指導利用券については加入されている健康保険組合にお問い合わせ下さい。

 

特定保健指導オプション

当プラザではより効果的な特定保健指導となるよう様々なオプションをご用意しております。特定保健指導ではご自身での生活習慣改善の継続が必要です。その間に様々なオプションを取り入れていただくことで、生活改善がより効果的に継続することができます。

 

オプション内容

支援の追加…国基準の支援回数に加えて、支援回数を増やし、きめ細かい保健指導を行います。
内臓脂肪CT…支援開始時と最終の評価時に内臓脂肪面積を測定し、外見では分かりにくい脂肪減少が見ることができます。
採血…支援最終の評価時に採血を行い、生活改善による血液データの改善を見ることができます。

 

特定保健指導を実施中の方へ

食品のカロリーと運動の消費カロリーの計算方法がダウンロードできます。
また、体重・腹囲など記録しよい生活習慣につなげていきましょう。

 

特定健診・特定保健指導運営規定

人間ドック・検診