沿革

昭和59年 医療法人愛仁会の関連事業として開設される。
(株)杏和総合医学研究所と称し、臨床検査の営業を開始する。
平成2年 (株)淳和と合併し、(株)淳和 杏和総合医学研究所に改称する。
平成8年 医療法人愛仁会が業務を継承し、法人内組織「杏和総合医学研究所」となる。
平成9年 医療関連サービスマーク認定書を受領する。
食品分析・検便検査の営業を開始する。
 

所長の言葉

ご 挨 拶

 平素は、当研究所に対し格別のご高配を賜わり、厚く御礼申しあげます。

 

 当研究所は、昭和59年(1984年)9月に当時の医療法人愛仁会の3病院(千船病院、高槻病院、愛仁会リハビリテーション病院)の臨床検査部門が兵庫県西宮市鳴尾浜の地に集約されて衛生検査所として開設致しました。病院検査室における経験豊かなスタッフ(臨床検査技師等)が集結して、臨床検査事業を通じて地域社会や地域医療の向上に貢献すべく、「医療は患者様を中心とすべき」との原点を見据え、「精度の高い」「正確なデータを」「素早く」お伝えすることをテーマとして臨床検査に取り組み、数多くの実績を積み上げてまいりました。

 わが国は少子高齢化が進み人口構成が変化し、産業構造自体が大きく変わろうとしている中、医療界においても高齢化社会による疾病構造の変化や医療制度改革等により医療経済環境も厳しさが増していますが、私共は本来業務の高品質を目指した臨床検査の提供に加え、皆様方が求める多様な要望やサービスに的確に応えるべく検査体制を整え、病院経験者が豊富な検査センターとしての特長と機能を十分に発揮して高い評価を得るように、集配の機動性、検査報告の迅速性、検査精度の向上や医療経営に役立つ情報、検査関連情報の提供などに努めていきます。「信頼と満足のできる臨床検査を提供し地域社会に貢献する」との理念に基づき、少しでも医療機関の皆様方の信頼に応え、お役に立っていきたいと考えております。

 常に地域に密着した検査センターとして、医療機関の先生方に「自分たちの検査室」として気楽に活用して頂ける検査センターであり続けたいと願っております。


 今後ともご指導とご鞭撻の程 宜しくお願い申し上げます。

                                             社会医療法人愛仁会

                                               杏和総合医学研究所

                                                所長  今村 芳雄 

 

理念

 
理念

信頼と満足のできる臨床検査を提供し地域社会に貢献する

 
スローガン

 私達はお客様の要望に
   ・ 迅速にお応えします
   ・専門知識でお応えします
   ・全社をあげてお応えします
   ・心のこもったお応えをします
   ・満足されるサービスをします

 

医療関連サービスマーク

平成8年10月に(財)医療関連サービスマーク振興会の審査を受け、平成9年2月に医療関連サービスマーク認定証を受領しました。      

平成27年5月認定更新。          認定証はこちら
 

 

日臨技精度保証施設認証

平成24年4月に日臨技精度保証施設認証制度により精度保証施設に認証されました。

平成28年4月認定更新。         認証書はこちら

 

個人情報保護方針