理事長のご挨拶


  愛仁会グループは現在、急性期病院群の診療機能
強化に向けた取り組みを精力的に進めています。昨
年は千船病院の新築移転計画が実現し、低侵襲手術
支援ロボット「ダヴィンチ」をはじめ最新の医療設
備を備えた新千船病院が阪神なんば線「福」駅前に
オープンしました。また高槻病院の現地建て替えプ
ロジェクトもⅡ期工事が竣工し、引き続き地域の中
核病院として役割を十分果たしていけるよう急性期
医療機能のさらなる向上を図りました。さらに明石
医療センターは、GCUNICU増改築と地域周産期
母子医療センター認定ならびに経カテーテル的大動
脈弁置換術実施施設認定の取得など、より高度な医
療の提供に向け体制を整えました。

愛仁会グループではまた、法人グループ施設間連携による地域包括ケアシステム確立を
目的として回復期医療機能と介護系事業の強化を図っています。まず高槻エリアではポスト
アキュートを担うしんあい病院の病棟改修を行い、あらたに地域包括ケア病棟を開設しまし
た。また愛仁会リハビリテーション病院も機能訓練室の拡張と病棟の増床を行い、回復期リ
ハビリテーション提供体制をさらに拡充しました。一方、介護系事業では地域密着型特定施
設ケアハウスますみなどを有する旧ますみ会を吸収合併し、介護系サービスをさらに充実し
事業基盤を強化しました。同じく介護系施設では、尼崎だいもつエリアで介護老人保健施設
だいもつと法人初のサ-ビス付き高齢者向け住宅レジリエンスだいもつを新たに開設しました。さらに今年は尼崎だいもつ病院の病棟フルオープンも予定しており、これら3施設を一
体として運用することで地域への医療・介護サービス提供において中心的な役割を果たすこ
とが期待されます。
     愛仁会グループではさらに、こうしたハードウェア整備・強化に加えてソフトウェア面
で人材育成にも注力しています。大阪府下初となった特定行為に係る看護師の研修では、
平成
28年度から7コース9区分において研修プログラムを開始、昨年11月には1期生12名が
全員修了しました。今年度は在宅ケア管理コースを新設し、法人外部からの受講も受け入れ
ています。また新たな介護系人材育成プロジェクトにも着手しており、内閣官房のアジア健
康構想日・越ヘルスケアブリッジ事業の一環として愛仁会職員による介護技能実習生教育を
ハノイで行う予定にしています。法人や国境を越えた教育に携わることで法人職員の意識が
さらに向上し、ひいては地域医療への貢献につながると期待しています。
                                                                                                                                    平成30年4月1日
                                 理事長 内藤 嘉之

 

理念&モットー

 
愛仁会の理念

1. 広く社会のためにより良い医療サービスを提供し、健康で豊かな生活の増進に貢献する。
2. 法人活動の成果は明日の医療の発展と福祉の向上に活用する。
3. 地域社会との協調を深め、創意工夫をこらして法人の健全な発展を図る。
4. 医療人としての使命を自覚し、学識・技術の研鑽と人間性の向上に努める。
5. 自主性と和の精神を重んじ、法人に働く誇りと喜びを共にする。

 
モットー

貢献・創意・協調

 

組織と活動

愛仁会は、統一した理念の下に積極的な地域医療・介護・保健・福祉活動を行う、参加と合議を旨とした極めて民主的な組織構造をもった社会医療法人です。経営管理システムとしては、法人最高の議決機関であります社員総会の下に常務会、理事会を月1回定期的に開催して、法人の施策の策定、活動方針について協議検討するとともに、その遂行状況の確認を行います。また、理事会は諮問機関として10余りの各種委員会をもって情報分析や調査研究、施策の企案を行うと共に、9名の顧問の方々から情報提供や助言をいただきます。
各施設では運営会議を始めとした各種定例会議により施設としての運営全般について検討協議を行い、また医療施設長会および介護施設長会をそれぞれ毎月1回開催して各施設間の法人としての業務調整を行います。愛仁会は以上の組織・経営管理システムの基に、3つの急性期病院、リハビリ専門病院、診療所、3つの介護老人保健施設、訪問看護ステーション、地域包括支援センター、ケアプランセンター、ヘルパーステーション、検査センター、看護助産専門学校ならびに社会福祉法人愛和会の活動により、地域の各機関との連携のもとに、医療・介護・保健・福祉・教育を包括した総合的地域医療の積極的展開に取り組んでいます。

 

愛仁会グループの経営管理システム

 

沿革

           
昭和33年 11月1日 医療法人設立認可
昭和34年 1月11日 医療法人愛仁会 千船診療所発足
昭和41年 5月1日 千船病院開院(94床)
昭和46年 5月2日 千船病院増築竣工開院(191床)
昭和52年 6月10日 本部事務局発足
11月1日 高槻病院竣工開院(180床)
昭和55年 4月1日 愛仁会看護専門学校開校
昭和57年 4月1日 高槻病院新築移転開院(302床)
7月1日 千船病院新築移転開院(292床)
昭和58年 4月1日 愛仁会リハビリテーション病院開院[旧理学診療科病院](186床)
昭和59年 9月1日 杏和総合医学研究所設立
昭和60年 3月31日 竹中普久氏 理事長退任
4月1日 中後勝氏 理事長就任
昭和62年 3月18日 特定医療法人認可
8月1日 高槻病院 増築竣工開院(477床)
平成元年 4月1日 愛仁会新理念制定
平成3年 4月1日 本部事務局を愛仁会本部と名称変更
平成7年 8月1日 介護老人保健施設「ユーアイ」竣工(入所100名)
平成8年 8月1日 訪問看護ステーション「ほほえみ」設立
8月1日 千船病院 開放型病院認可
平成9年 4月1日 愛仁会看護助産専門学校に改称(助産学科新設)
高槻病院 厚生省臨床研修指定病院認可
5月13日 中後理事長 藍綬褒章受章
9月1日 介護老人保健施設「ケーアイ」竣工(入所100名)
12月1日 高槻病院 開放型病院認可
平成10年 2月1日 訪問看護ステーション「スマイル」設立
2月9日 千船病院 病院機能評価認定証交付
4月1日 在宅介護支援センター「ケーアイ」設立
5月19日 高槻病院 病院機能評価認定証交付
平成11年 1月26日 高槻病院 救急指定病院認可
10月28日 社会福祉法人愛和会 設立認可
平成12年 5月15日 愛仁会リハビリテーション病院 病院機能評価認定証交付
10月1日 社会福祉法人愛和会 複合福祉施設開設
平成13年 1月4日 あいわ診療所開院
3月31日 中後勝氏 理事長退任
4月1日 根岸宏邦氏 理事長就任
千船病院臨床研修指定病院認可
5月1日 職員共済会「親愛会」発足
8月4日 高槻病院 東館開設
10月1日 高槻病院 総合周産期母子医療センター開設
平成14年 1月10日 社会福祉法人 豊中愛和会設立
5月 中後会長 勲四等瑞宝章受章
平成15年 4月1日 社会福祉法人 豊中愛和会
「総合福祉施設ローズコミュニティ・緑地」開設
本部保健福祉部ISO9001取得
9月 根岸理事長 救急医療功労者厚生労働大臣賞受賞
平成16年 2月 高槻病院、愛仁会リハビリテーション病院 電子カルテ導入
4月 杏和総合医学研究所 滅菌センター開設
4月1日 社会福祉法人 豊中愛和会
高槻あいわ保育園、高槻あいわ児童館 開設
7月1日 千船病院附属千船クリニックス開院
千船病院、千船クリニックス 電子カルテ導入
12月1日 愛仁会千船在宅サービスセンター設立
平成17年 7月19日 千船病院 全館改修工事終了
8月31日 特別医療法人認可取得
12月 高槻病院地域医療支援病院認定
平成18年 2月 根岸理事長、山門常務理事 大阪府知事賞受賞
3月 愛仁会リハビリテーション病院 病院機能評価付加機能(リハビリ機能) 認定
4月 高槻北地域包括支援センター、緑地地域包括支援センター設立
愛仁会本部ISO9001取得
平成19年 3月31日 根岸宏邦氏 理事長退任
4月1日 筒泉正春氏 理事長就任
10月 愛仁会リハビリテーション病院増床(225床)
11月 千船病院 地域周産期母子医療センター認定
12月 高槻病院 人間ドック機能評価認定
平成20年 4月 愛仁会総合健康センター開設
長尾地域包括支援センター設立
5月 愛仁会総合健康センター附属 デイサービスセンター開設
8月 高槻病院 WHO・ユニセフ「赤ちゃんにやさしい病院(BFH)」認定
10月 愛仁会グループ創立50周年記念大スポーツ大会開催
(なみはやドーム)
11月 愛仁会グループ創立50周年記念行事開催
平成21年 1月1日 社会医療法人 愛仁会認定 事業開始
4月 千船病院附属千船腎臓・透析クリニック開設
ユーアイデイサービスセンター なごみ開設
平成22年 4月 社会福祉法人 豊中愛和会 ローズコミュニティ・豊中南開設
5月 愛仁会看護助産専門学校 創立30周年記念行事開催
平成23年 7月 愛仁会リハビリテーション病院 高槻市白梅町(MUSEたかつき)に移転
9月 ケアプランセンター愛仁会富田開設
10月 第3回 日中韓看護学会参加(於 ソウル)
平成24年 1月 ヘルパーステーション愛仁会富田開設
5月 千船クリニックス 千船病院へ統合
6月 医療法人社団 明石医療センター、医療法人仁愛会 田畑胃腸病院と合併
8月 第1回愛仁会グループリハビリテーション部門学術大会開催
平成25年 1月 おかじま病院開院、介護付有料老人ホームスローライフおかじま開設 千船病院 病院機能評価Ver.6認定
2月 第1回 愛仁会・神戸大学・フィリピン大学フィリピン総合病院国際会議開催
4月 愛仁会看護助産専門学校 新校舎移転、看護学科2クラス定員80名に
6月 「第41回日本小児神経外科学会」(於 大阪)高槻病院 山崎麻美副院長を大会長として高槻病院で運営を担当
7月 高槻病院院内保育園「にじっこ保育園」、愛仁会看護助産専門学校1階に新設開園
8月 明石医療センター南館オープン。許可病床数382床に増床。
10月 カーム尼崎健診プラザ開設
平成26年 4月 社会医療法人愛仁会、医療法人進愛会と合併
しんあい病院、しんあいクリニック、介護老人保健施設しんあい、  愛仁会施設として運営開始
カーム尼崎健診プラザ、健診事業開始
9月 社会福祉法人ますみ会、愛仁会グループに加わる
10月 高槻病院 新病院I期棟 開設
平成27年 1月 明石医療センター 社会医療法人認可
3月31日 筒泉正春氏 理事長退任
4月1日 内藤嘉之氏 理事長就任
12月1日 ケアプランセンター愛仁会ひめじま開設
平成28年 4月1日 社会医療法人愛仁会、社会医療法人明石医療センターと合併
尼崎だいもつ病院 開設
平成29年 4月 高槻病院 新病院Ⅱ期棟 開設
6月 介護老人保健福祉施設だいもつ
サービス付き高齢者向け住宅「レジリエンスだいもつ」開設
7月 千船病院 新築移転 開院
平成30年 3月31日 おかじま病院・杏和総合医学研究所 閉院

施設概要

  • 愛仁会