愛仁会グループ

HOME > 部門案内 >薬剤科

部門案内

薬剤科

ごあいさつ

薬剤科では 調剤業務、在庫管理、医薬品情報の提供、服薬指導等の業務を通じ、有効性・安全性に優れた薬物治療を提案・実行し、評価することで 患者サービスの向上に努めています。

業務紹介

調剤業務

処方箋は、薬剤師の視点から用量・用法、相互作用・併用禁忌の有無などのチェックを行い、自動錠剤分包機・散薬監査システム・薬剤情報支援システムなどの機器を導入し、より安全で正確かつ効率的に調剤を行っています。患者さまの在宅支援に向け、一包化やシート調剤など服薬しやすい方法での医薬品提供を他職種と共に取り組んでいます。

調剤業務

注射薬調剤業務

指示された注射オーダについて、用法・用量・投与ルートなどの確認、安定性などを チェックしながら患者さま毎に注射薬調剤を行っています。

服薬指導業務

入院患者さまが、効果的で安全な薬物治療を不安なく続けられるように、担当薬剤師が、ベッドサイドで指導、説明を行っています。入院時には、他院との重複投与のチェックを含む持参薬管理を行っています。また、入院中の検査データ・相互作用などの情報を共有し医師や看護師と共に副作用の予防・早期発見に努め、処方提案をしています。退院後も安心して薬物治療が繋げられるように退院時指導も行っています。

薬品管理業務

在庫管理システムにて、薬品の発注・検収、在庫管理・品質管理等を行っています。病院内で使用する医薬品が患者さまに使用されるまでの品質を保持するために、薬剤科内をはじめ院内すべての部署で温度・湿度などの管理をしています。 麻薬・毒薬・劇薬・向精神薬などは、法に基づいた厳格な管理を行っています。

医薬品情報管理業務

医薬品の情報を収集・整理・保管するとともに、薬学的評価を行い、医師や看護師などの医療スタッフに、迅速に情報を提供しています。また、院内で発生した副作用の収集・情報提供も行っています。

チーム医療への参画

ICT(感染対策チーム)、NST(栄養サポートチーム)等の回診などに参加して、薬剤師の視点から患者さまの薬物治療を支援しています。

教育・研修への取組み

薬剤科では、定期的な勉強会などを通じて知識の向上に努めています。また、薬学実習生の受け入れを行うなど薬剤師育成の支援も行っています。さらに、薬物療法においてより専門的に患者さまに貢献するため各種認定薬剤師や専門薬剤師の取得を積極的にバックアップしています。

その他

*当院は後発医薬品を積極的に採用しています。
*当院では、服薬指導をベッドサイドで実施しておりますが、薬剤科内に患者さまの相談場所を設けております。必要時にはお申し出ください。

当院に入院される患者さまへのお願い

当院では、入院時にそれまで服用されている医薬品(飲み薬、ぬり膏や点眼薬など)すべてを確認しています。入院する患者さまは持参薬の確認のご協力をお願いいたします。

お持ちいただく薬や書類

  • 現在服薬されているお薬
  • 飲み薬以外のお薬(インスリン、ぬり薬、点眼薬、湿布など)
  • お薬の説明書
  • お薬手帳

↑このページのトップへ