愛仁会グループ

HOME > リハ技術部の理念 > 理学療法科

当院のリハビリテーション

理学療法科

理学療法とは

定義

「身体に障害のある者に対し、主としてその基本動作能力の回復を図るため、治療体操、その他の体操を行わせ、及び電気刺激、マッサージ、温熱その他の物理的手段を加えることをいう」(昭和40年6月29日法律第137号『理学療法士及ぴ作業療法士法』より)

つまり、基本動作能力(坐る、立つ、歩く、といった体や上・下肢を屈伸したりするという運動能力)に障害を持つかたに対して、その能力の回復をはかる目的で上記の手段を加える治療法のことをいいます。

理学療法は、熱、水、電気、運動などの物療的手段で治療する物理医学的側面と、残された能力を最大限に生かして社会復帰を目指す、リハビリテーション的側面を持っています。

当院理学療法科では、病院から在宅へと移行することを目標としており、運動療法を中心とした治療・訓練プログラムを実施しています。また作業療法士 と共同して在宅へ向けた日常生活指導、病棟訓練、退院前訪問指導、外出練習も実施しています。その他、地域リハビリテーションとしての訪問リハビリテー ションも行っています。

↑このページのトップへ

対象疾患

  • 施設基準
    脳血管疾患等リハビリテーション(Ⅰ)
    運動器リハビリテーション(Ⅰ)
    呼吸器リハビリテーション(Ⅰ)
  • 対象疾患整形疾患
    37%(大腿骨頚部骨折、変形性関節症、その他骨折など)
    中枢神経疾患 36%
    (CVA、クモ膜下出血、頭部外傷、脳挫傷、パーキンソン病など)
    内科疾患 18%(廃用性症候群など)
    神経筋疾患 1%(ギランバレーなど)
    その他 8%(手術後廃用性症候群など)

対象疾患 グラフ

↑このページのトップへ

治療・訓練内容

運動療法

運動療法は、身体運動を通じて身体諸器官の機能を維持・改善することを目的とした治療法です。
具体的には運動療法には以下のような目的があります。

  1. 関節可動域の維持・増大
  2. 筋力の維持・増大
  3. 筋持久力の維持・増大
  4. 運動の協調性の改善
  5. 全身の生理機能の維持・増大

関節可動域運動

関節可動域運動

物理療法

物理的エネルギー(熱、水、光、電気、徒手)を疼痛の緩解、循環の改善、リラクゼーションの目的で使用する治療法で、温熱療法、水治療法、光線療法、電気 治療、マッサージ、寒冷療法などがあり、当院では温熱療法(ホットパック、極超短波、超音波)、電気刺激療法(低周波)、牽引療法を中心に行っています。 これらは主に運動療法との組み合わせで行われます。

日常生活活動(ADL)

障害を持つ方の能力に応じて効果的に動作ができるようにする訓練で、理学療法科では特に基本動作(坐る、立つ、歩くなど)の獲得をするための訓練が行われます。

↑このページのトップへ

学術関係


  • 理学療法科勉強会  2回/月
    理学療法科のスタッフ中心に症例検討や運動療法技術などの勉強会を実施
  • PT/OT/ST合同勉強会  1回/月
    高槻病院リハビリテーション科と合同の勉強会であり、主に症例検討などを実施
  • 院内研修会  1回/月
    院内の諮問委員会主催の研修会で、医療安全管理や感染予防などの研修会を実施
  • リハビリテーション合同研修会 1回/3ヶ月
    三島圏域のリハビリテーション関連職種に対しての研修会であり、各テーマのspecialistを講師として迎え実施
  • 理学療法士卒後研修 1回/月
    卒後2年目までの理学療法士を対象に、隣接する高槻病院理学療法科と合同で実施
  • その他
    大阪府理学療法士会三島ブロックでは、卒後教育の一環として「スポーツ障害」「呼吸リハ」「中枢/地域リハ」の勉強会を実施。その内、「中枢/地域リハ」の勉強会を愛仁会リハビリテーション病院で実施。1回/2ヶ月
    詳細は大阪府理学療法士会のホームページをご確認下さい。

↑このページのトップへ