愛仁会グループ

HOME > 重度後遺障害短期入院協力事業について

重度後遺障害短期入院協力事業について

重度後遺障害短期入院協力事業について

当院は、国土交通省より重度後遺障害者短期入院協力病院として、指定されています。

短期入院協力病院とは・・・

国土交通省では、以下のような環境が整っており、介護料受給資格をお持ちの在宅介 護の方の短期入院を積極的に受け入れる一般病院を「短期入院協力病院」として指定しております。

  • 医学的管理の下に、医師による診察、検査及び経過観察が受けられること
  • 介護されているご家族の方が、専門家から在宅介護技術(病状観察法、入浴法、食事法など)及びケアの方法等の助言・指導を受けられること

※ 参考(国土交通省ホームページ)
http://www.mlit.go.jp/jidosha/anzen/04relief/accident/aftereffect.html

※参考(NASVAホームページ 短期入院費用助成制度について)
http://www.nasva.go.jp/sasaeru/tanki.html

受入れ対象者

在宅で療養生活を送られる独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)の介護料受給資格者

利用期間

1回の入院期間は、原則2日以上14日以内

入院予約/利用頻度について

まずは、地域医療室医療ソーシャルワーカーまで直接お問い合わせください。医療ソーシャルワーカーが入院までの流れについて説明致します。

申し込み方法

利用希望日の2カ月前から入院予約を受け付けております。原則、次回利用日まで 最低2カ月以上の期間を空けて頂きます。
(但し、緊急利用の必要性がある場合はこの限りではありません。)

連絡先    :072-683-1212(代表)
担当     :地域医療室医療ソーシャルワーカー
受付時間   :月~金 9:00~16:30(祝日は除きます)
メールアドレス:airihahp@takatsuki-hp.or.jp