愛仁会グループ

HOME > 看護部のご紹介

看護部のご紹介

看護部のご紹介

愛仁会リハビリテーション病院のチーム医療の実際

病気の発症や受傷により急性期医療を受け、それを乗り越えられた患者さまは、再び自分らしい生活を取り戻すためにリハビリを続けられます。私たちは、その人らしい生活行動を獲得していただくために、“リハビリナース”として寄り添い、じっくりと関わっていきます。

リハビリテーションは、看護だけでなく多くの職種と協働して患者さまの力を引き出していきます。看護師、医師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士(以下セラピストと示す)、メディカルソーシャルワーカー(以下MSWと示す)、薬剤師、栄養士などチームで関わることで、その人の力を引き出すのです。

8:30 看護師・セラピストが集まって、夜勤者からの引き継ぎを聞き、情報共有を行う
9:00 ケア・生活リハビリ・退院への調整開始
更衣、靴を履く、立ち上がる、歩く、座る、手を洗う、歯磨き、食べる、話す
などの日常生活の中で、生活動作を獲得する訓練を進めていきます
12:00 食事の準備・介助
13:00 患者カンファレンス、合同カンファレンス
看護師、医師、セラピスト、MSW、薬剤師、栄養士が集まって、一人ひとりの患者さまの回復状況を確認し、リハビリ計画を進めていきます。入院時、退院までの毎月1回、退院前にカンファレンスをもち、その人らしい社会復帰を調整していきます
16:30 日勤者から夜勤者へ引き継ぎ

チームカンファレンス
主治医を中心に、看護師、担当のセラピスト、MSWが患者の生活の様子やその人に合った退院に向けての意見交換をします。

↑このページのトップへ

看護体制

看護師  122名 看護助手  41名
短時間常勤10名(週30時間勤務) 非常勤 8名

固定チームナーシング  

2交替制勤務(全病棟)日勤:8時30分~17時(休憩60分)

2交替制勤務(全病棟)夜勤:16時30分~9時(休憩90分)

子育て中だから無理と思っている人、半日でもいいから働きたい人
夜勤は難しいけど、常勤で働きたい人
自分の生活にあった勤務時間を選択できます

 

実際に働いている人の声です!!
  • 自分の希望した時間帯での勤務が可能であったことがこの病院に決めた理由の一つです
  • 最初は不安がありましたが、スタッフに温かく迎え入れられ、無理なく仕事をしています
  • 短時間勤務が実現したことで私のワークライフバランスがうまく保てていると感じています
  • 看護職から十年以上遠ざかっていましたが職場復帰支援講座が縁でリハビリテーション病院に入職することになりました
  • 夜勤ができずパートでないと無理だと思っていましたが、短時間常勤の勤務体制があり入職しました
休暇について
  • 週休2日制(年末年始特別休暇あり)
  • リフレッシュ休暇あり長期休暇も取得できます

ワークライフバランス を大切にしている病院です。
常勤以外でも勤務可能です!!

↑このページのトップへ