愛仁会グループ

HOME > 情報ピックアップ

情報ピックアップ

情報ピックアップ

大阪府重度心身障がい児(者)地域生活支援センター事業とは

医療的ケアが必要な障がい児(者)の地域生活を支えるため、2次医療圏域(大阪府は6圏域)毎に大阪府重度心身障がい児(者)地域生活支援センターを設置し、介護従事者への技術研修等を実施して、サービス基盤の充実と支援力の強化を図るとともに、医療と福祉の連携を円滑にし、障がい児(者)並びに家族が安心して地域生活を送ることができる環境の整備を図ることを目的とした事業です。

三島圏域の重度心身障がい児(者)地域生活支援センターとして指定

大阪府は、「医療的ケア地域生活支援システム整備事業」により、各圏域ごとに1つの法人施設(病院)を指定しており、当院は平成23年7月より、三島圏域における大阪府重度心身障がい児(者)地域生活支援センターとしての指定を受けています。

重度心身障がい児(者)地域生活支援センターの活動

①居宅介護、短期入所、生活介護事業所、児童発達支援事業所のヘルパー等に対し、医療的ケアが必要な重症心身障がい児(者)に対応する身体介護技術研修を実施する。
②医療的ケアに対応可能な障がい福祉サービス事業所等の情報を集約し、圏域内市町村の相談支援事業所等への情報提供・調整を行う。
③地域での課題解決を目的とし、医療・福祉・行政機関等関係機関を交えた地域課題検討会を定期的に開催する。