愛仁会グループ

HOME > 当院の特徴

当院のリハビリテーション

当院の特徴

入院から退院までの流れ

入院から退院までの流れをご紹介しております。(こちらからダウンロード)

脊損外来の実施

~患者さまの在宅生活がサポートできるよう~

当院では手や足を動かすための神経に障がいを持った患者様(脊髄損傷)が増加しています。 入院生活を終え、在宅生活に移行された患者様の日常生活での様々な問題についても、医療の立場から支援や援助をさせていただくことを目的に、脊髄損傷外来を実施しています。

装具外来の実施

~地域で、装具についての相談を受けることができる病院として~

病気などで手足が不自由となり、日常生活上で補装具(義足など)を使用されている例は少なくありません。 補装具は長年使用すると、装具自体が体に合わなくなってきます。合わなくなった補装具を使用し続けると、痛みが生じたり、歩行が不安定になったりします。
地域には、在宅生活者の補装具の修理や再作製を行うことのできる機関が少ないため、H24年11月より装具外来を実施しています

回復期リハビリテーション病棟でのチームアプローチ

リハビリテーション医療は病気の発症から時期、状態によって急性期、回復期、維持期に分けられます。急性期の病状が安定すれば回復期の段階に入り、出来るだけ早期に麻痺や障害の改善を図り、在宅復帰を目指すために医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、医療ソーシャルワーカー、臨床心理士などチーム一丸となり、治療・訓練等を実施します。

途切れのない365日リハビリ

人は1年365日毎日活動しています。回復期リハビリテーション病棟では、皆さんのその毎日の生活が途切れないのと同様に、リハビリも途切れなく365日対応しています。そのことにより、少しでも早く、よりよい状態で在宅復帰できるように支援しています。

一人ひとりの身体状況に適した車いすの選定と貸し出し

患者様の身体サイズ・姿勢保持能力・動作能力に適していない車いすを使用することで不良姿勢による筋力低下や活動性低下が発生しやすくなります。
当院では、一人ひとりの患者様に適した車いすを使用して頂くことにより、不良姿勢による弊害を防ぎ早期回復を図ります。
レンタル業者との協力により、入院中に使用して頂く車いすは豊富なラインナップの中から専門スタッフが選択・調整を行ったうえで、無料で使用して頂きます。

早期より在宅復帰を想定した治療・訓練

在宅復帰を希望されている患者様に、入院より早期の間に自宅を訪問させていただき、間取りなど環境をみさせていただきます。その情報を元に帰る自宅の環境を想定しながら、治療・訓練を進めていき、より安全で過ごしやすい在宅生活へと結びつけます。

重症心身障害児(者)病棟

重度の肢体不自由児(者)、脊髄損傷等の重度障害者、重度の意識障害者、筋ジストロフィー患者、難病患者等小児から成人まで重度の方の在宅復帰を支援します。

地域リハビリテーション地域支援センター

当院は平成12年に大阪府より指定を受け、地域におけるリハビリテーションの相談、啓蒙、専門職への教育などを行う施設として様々な活動に取り組んでいます。
《詳しくは三島圏域地域リハビリテーション支援センターへ》

財団法人日本医療機能評価機構、病院機能評価付加機能「リハビリテーション機能」認定

「リハビリテーション機能評価」は『財団法人日本医療機能評価機構』が実施している「病院機能評価」を認定された病院だけがリハビリテーション等の専門部分としての質を評価してくれるものです。大阪府下では当院が初、全国でも8番目の認定を受け、良質のリハビリテーションを提供できる施設として平成18年に認定されました。現在も更新中です。