愛仁会グループ

HOME > リハ技術部の理念 > 理学療法科 > 学会/研修会 演者リスト

当院のリハビリテーション

理学療法科

愛仁会リハビリテーション 理学療法科

2011年度 学会/研修会 演者リスト
日時 学会名 発表者 演題名
2011.7.10第23回大阪府理学療法学術大会大垣昌之脳卒中の装具療法と連携(シンポジウム)
2011.7.10第23回大阪府理学療法学術大会井上知哉端座位での骨盤・麻痺側股関節の着目により、車椅子駆動の実用性が向上した脳梗塞片麻痺患者の一症例
2011.7.10第23回大阪府理学療法学術大会山口勝生退院後から訪問リハビリテーション終了までの移乗移動項目のADL変化 -移乗移動項目でのFIMによる比較検討-
2011.7.23-24岩手県作業療法士会災害支援研修会大垣昌之(講師)「災害時リハビリ支援の総論」「救急処置演習」
2011.10.27-29リハビリテーション・ケア合同研究大会くまもと2011大垣昌之当院における療法士吸引行為の導入経過
2011.10.27-29リハビリテーション・ケア合同研究大会くまもと2011神谷亮平病院車椅子・歩行器管理を院内備品から総レンタル化へ
2011.10.27-29リハビリテーション・ケア合同研究大会くまもと2011神田雅博座位にて腰痛を訴えられた患者へのシーティング ~車いすの総レンタル化を導入して~
2011.11.13第51回近畿理学療法学術大会西濱大輔脳卒中後片麻痺者の歩行におけるPhysiological Cost Indexと重複歩、下肢荷重能力の関係
2011.11.13第51回近畿理学療法学術大会新井隆生脳卒中片麻痺患者の最大歩行速度に与える因子の検討 -膝伸展筋力・最大一歩幅の左右差に着目して-
2011.11.27第57回理学療法科学学会学術大会大垣昌之災害時における理学療法士の可能性
2011.11.27第4回三島ブロック新人症例発表会河村すにTHA施行後、足関節底屈運動に着目し歩幅の拡大・歩行スピードの増加が得られた症例
2011.11.27第4回三島ブロック新人症例発表会立浪舞注意障害を呈した左片麻痺患者に対する歩行能力向上への取り組み -注意の容量に着目して-
2011.11.27第4回三島ブロック新人症例発表会村田尚寛長下肢装具の使用が移乗動作の向上に繋がった症例
2010年度 学会/研修会 演者リスト
日時 学会名 発表者 演題名
2000.11 第40回近畿理学療法士学術大会 大垣昌之 脳卒中片麻痺患者のエスカレーター昇降動作についての一考察
2002.6 第52回日本病院学会 野嶌一平 当院における病棟練習の効果について−Barthel Indexを用いて−
2002.7 第37回日本理学療法学術大会 大垣昌之 移動能力と環境設定についての一考察
2003.6 第38回日本理学療法士学術大会 大垣昌之 移動能力と手すりの使用状況について
2003.10 リハビリテーション・ケア合同研究大会・東京 大垣昌之 回復期リハビリテーション病棟での職種間連携のための勉強会についての考察
2004.7 第54回日本病院学会 樋口美穂 当院理学療法科におけるリスクマネジメントの現状
2004.7 第16回大阪府理学療法学術大会 船津雅美 変形性股関節症に腰椎圧迫骨折後不全麻痺を重複した一症例を通じて
2005.3 三島圏域地域リハビリテーション研修会 神谷亮平 急性期・回復期・維持期の連携
2005.5 第40回日本理学療法学術大会 大垣昌之 脳血管疾患における理学療法経過報告書についての一考察
2005.5 第17回大阪府理学療法学術大会 小杉正 HTLV-1関連脊髄症(HAM)に対する筋力増強運動の効果についての一例
2005.7 第55回日本病院学会 桐ヶ谷真理子 担当理学療法士不在時の代行固定制の効果
2005.11 リハビリテーション・ケア合同研究大会・大阪 大垣昌之 地域リハビリテーション支援センターとして地域住民を対象とした「わかりやすいリハビリ教室」の取り組み
2005.11 リハビリテーション・ケア合同研究大会・大阪 松田哲也 回復期リハビリテーション病棟での他職種との連携でADL向上が得られた一症例について
2005.12 全国訪問リハビリテーション研修会第6回全国大会in東京 桐ヶ谷真理子 在宅へのスムーズな移行と連携
2006.5 第41回日本理学療法学術大会 大垣昌之 施設間におけるFIM評価の相違点−脳血管疾患を中心に−
2006.5 大阪府理学療法士会三島ブロック研修会 大垣昌之 地域における理学療法士のあり方
2006.11 第46回近畿理学療法学術大会 小杉正 脳血管疾患片麻痺患者の歩行自立度に影響を与えるバランス能力について
2007.6 第57回日本病院学会 内海光音 当院における病棟練習の取り組みについて
2007.7 第19回大阪理学療法学術大会 古岩仁志 脳血管疾患を発症されたご夫婦の在宅復帰に向けての環境設定の一例
2008.11 大阪府理学療法士会第1回三島ブロック症例発表会 安延由紀子 注意障害、半側空間無視を呈した片麻痺患者の移乗動作獲得に向けた取り組み
2009.7 第21回大阪府理学療法学術大会 玉井晃子 側彎の改善にボツリヌス療法と関節機能障害に対する治療の併用が奏功した一症例
2009.9 大阪府理学療法士会第2回三島ブロック症例発表会 新井隆生 杖の過剰使用に着目し非麻痺側立脚期の改善が歩行機能向上に繋がった一症例
2009.10 第15回大阪病院学会 神谷亮平 入院時訪問の実施による退院後在宅生活への影響
2009.10 リハビリテーション・ケア合同研究大会 広島2009 佐藤公則 当院における疾患別自宅復帰についての一考案
2009.10 リハビリテーション・ケア合同研究大会 広島2009 大野由美加 当院回復期リハビリテーション病棟における在宅復帰率について
2010.5 第45回日本理学療法学術大会 大垣昌之 脳血管疾患患者における早期立位時の重心動揺に関する一考察
2010.7 第22回大阪府理学療法学術大会 西濱大輔 在宅でのトイレ動作介助量軽減と立位能力について
2010.7 第22回大阪府理学療法学術大会 新井隆生 重度片麻痺患者に対して足関節底屈筋群への着目が歩行能力向上に繋がった一症例
2010.10 リハビリテーション・ケア合同研究大会 山形2010 大垣昌之 当院回復期リハビリテーション病棟における急性期病院転院症例の検討〜診察報酬改定による影響~
2010.10 リハビリテーション・ケア合同研究大会 山形2010 大野由美加 365日リハビリ実施前後のリハ提供単位と在宅復帰率について
2010.10 リハビリテーション・ケア合同研究大会 山形2010 西濱大輔 入院時訪問の在り方についての一考察
2010.10 リハビリテーション・ケア合同研究大会 山形2010 新井隆生 当院における入院時FIMが在院日数、自宅復帰とFIM利得に与える影響
2010.11 第3回三島ブロック症例発表会 伊藤周平 運動失調を呈した左片麻痺患者に対し麻痺側への体重移動練習により歩行時の重心動揺軽減を認めた一症例
2010.11 第3回三島ブロック症例発表会 山下真人 膝スナッピング現象が認められた被殻出血患者に対して麻痺側下腿三頭筋アプローチにより歩容改善を認めた一症例
2010.11 第50回近畿理学療法学術大会 玉井晃子 病院退院後に訪問リハビリテーションが開始となった利用者における自立度調査
2011.2 回復期リハビリテーション病棟連絡協議会 第17回研究大会in長崎 神谷亮平 当院における365日理学療法・作業療法実施前後での効果の検証
2011.2 回復期リハビリテーション病棟連絡協議会 第17回研究大会in長崎 佐藤公則 理学療法・作業療法の365日実施に対する職員の意識調査と現状
2011.2 回復期リハビリテーション病棟連絡協議会 第17回研究大会in長崎 小野美香 不穏が強く、生活リズム構築に難渋した一症例 ─チームアプローチにて安楽な車いす座位獲得を目標に─
2011.2 第12回三島ブロック研修会 西濱大輔 急性期、回復期、維持期における脳血管疾患患者の理学療法


▲理学療法科トップへ

↑このページのトップへ