愛仁会グループ

HOME > リハ技術部の理念

当院のリハビリテーション

リハ技術部のご紹介

1.リハ技術部部長ごあいさつ

 当院では、脳卒中や骨折などの病気や怪我により身体が不自由になられた方が「再びその人らしい生活」を過ごせるように、質の高いリハビリテーション医療を提供することを目指しています。多くの理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が在籍しており、各職種の専門性が充分に発揮できるよう、日々の研鑽や最新の知識・技術を提供できる体制にも積極的に取り組んでいます。
 リハビリテーションとは機能訓練という意味でなく、復権や社会復帰を意味します。患者さんの一日も早い社会復帰のお手伝いができればと思います。
愛仁会リハビリテーション病院
リハ技術部長 大垣昌之
(おおがき まさのぶ)
神経系専門理学療法士
生活環境支援系専門理学療法士
管理・運営認定理学療法士

2.リハ技術部理念

「地域で参加できる生活を」
他職種との連携をとりながら、再び地域へ参加できる生活をめざし、
リハビリテーション医療の一員として貢献します。

3.学会・研究会発表実績

2019年度

5.卒後教育について

教育ガイドライン PDF
教育ガイドラインのご説明は、病院見学で対応しております。