院長挨拶

 院長に就任いたしました東郷杏一です。
私は1958年に大阪で生まれました。大阪府立住吉高校を卒業後、大阪市立大学医学部に入学、1984年3月に同大学を卒業後、大阪市立大学医学部第1外科(現在の腫瘍外科教室)へ入局し、途中1年住友病院の研修を終えて、同医局にて一般消化器外科の臨床および研究を行ってまいりました。縁があって、1991年の4月に深井病院に勤務するようになり、同院にて一般消化器外科の診療を行ってまいりました。しんあい病院は1951年に深井医院として開設され、1963年に深井病院となり、2010年にしんあい病院に名称変更となり、その後2014年4月から社会医療法人愛仁会の一組織となりました。
 しんあい病院は病床許可数が60床の非常にコンパクトな病院で、患者様が気軽に受診できるような、やさしい病院です。規模は小さいながらも、専門別に可能な限りの医療レベルを維持するため、各々の医師の配置を行っております。循環器内科、呼吸器内科、消化器内科(胃や大腸)、免疫膠原病(リウマチ)、神経内科、糖尿病、甲状腺、整形外科、消化器外科、肛門科などの専門医を配置しております。また近隣の医療機関と密に連携をとり、より良い医療をめざしています。リハビリ棟が2011年に完成し、意欲のある理学療法士と作業療法士が現在運動器リハビリおよび脳血管リハビリをさせて頂き、患者様の高い評価を得るようになりつつあります。これからも皆様のより一層の評価を得るため、スタッフの充実を計りたいと考えています。医療レベルが加速的に進化するなか、また医療をとりまく環境の変化に追い越されることなく、地域の皆様の信頼と期待にお応えできるように、よりいっそう皆様の健康保持に努めてまいりたいと存じます。
 皆様のご指導、ご鞭撻を賜りたくよろしくお願い申しあげます。

                                 
院長 東郷 杏一

 

理念

私たちは、患者さま本位の心安らぐ医療を提供し、地域の皆さまの健康増進を支援します。

 

基本方針

・ 専門的で質の高い医療の提供に努めます。
・ 近隣の医療機関との連携を大切にして、地域医療に貢献します。
・ 患者さまやご家族に満足していただける医療サービスを提供します。
・ 職員が生き生きと働ける病院を目指します。  

 

患者さまの権利

・ 良質な医療を平等に受ける権利があります。
・ 診療に関する全ての情報を知る権利があります。
・ 自己の自由な意思に基づいて医療行為を選択・決定する権利があります。
・ 個人のプライバシーおよび尊厳を守られる権利があります。  

 

しんあい病院 概要

住所 大阪府高槻市芥川町2丁目3番5号
TEL 072-681-5533
FAX 072-681-8661
院長 東郷 杏一
沿革 昭和26年2月 深井医院開設
昭和38年8月 深井病院開設
平成 3年7月  医療法人に組織変更
平成22年4月 しんあい病院に名称変更
平成26年4月 社会医療法人愛仁会に名称変更 現在に至る
病床数 40床
診療科目 内科 循環器内科・神経内科・消化器内科
    小児科・放射線科・麻酔科
外科 整形外科・肛門外科・リハビリテーション科
専門外来 糖尿病、呼吸器、膠原病、神経内科、甲状腺
健診事業など 特定健診、市民健診、企業健診、全国協会けんぽ生活習慣病予防健診、予防接種
外来休診日 土曜日午後・日曜日・祝日・年末年始
外来診療受付時間 内科 午前9時~12時     外科 午前9時~12時
   午後13時~17時        午後14時~17時
検査及び治療 循環器:心臓超音波(カラードップラー)、ホルター心電図
消化器:X線テレビ透視撮影、電子内視鏡検査(食道・胃・腸など)、
肝生検、腹部超音波検査
呼吸器:ヘリカルCT
CT:頭部、胸部、腹部ほか
手術 ポリペクトミー
心臓ペースメーカー埋込術
痔核4段階注射法

施設概要