内科紹介
 

内科

 近年の医学の進歩には目を見張るものがあり、医療の高度化と専門分化が進んで大きな成果を上げています。内科学も同様の流れにあり、かつては大きな括りで内科と称していたものが、専門分化が進むにつれて臓器別に○○内科と称されることが当たり前になりました。大きな病院に行けば臓器別にたくさんの○○内科が並んでいます。
 一方で一人一人の患者さんをみると、訴えも多様で、高齢化の進展もあって複数の病気を抱えておられる方も少なくなく、社会的背景もさまざまです。しんあい病院のような地域密着型の小規模病院に求められる医療は行きすぎた専門分化ではなく、専門分化は進んでも常に患者さんは一人であり、各臓器や社会的背景が密接に関連していることを念頭のに置いた、高度専門医療では対応が難しい全人的な医療であると考えています。
 もちろん当院にも循環器、呼吸器、糖尿病、消化器、神経、感染症など、経験豊富な内科分野の臓器別専門医が在籍しており、内視鏡検査や各種エコー検査などの専門治療にも十分対応しています。高槻病院うあ大阪医大などの近隣の急性期病院との連携も、必要に応じて速やかに行っています。
 内科学の分化と統合の流れのなかで、我々が目指すものは専門性と統合性のバランスのとれた、痒い所に手が届く、患者さんファーストな内科診療です。小規模病院ならではの機動力と統合力で、スタッフ一丸となって地域医療に貢献していきたいと考えています。

 
医師紹介

稲本 真也 

日本内科学会総合内科専門医 
日本循環器学会認定循環器専門医
日本感染症学会認定感染症専門医