社会医療法人愛仁会 総合サイト 社会医療法人愛仁会 総合サイト 社会医療法人愛仁会 総合サイト

タイ

thailandタイ

タイはアジアの医療ハブとして医療の国際展開に力を入れており、アジア・欧米をはじめとした世界各地から患者を受け入れている国際的な病院が多数活動しています。

日本人も多く住んでいることから、質の高い日本式のサービスに対する需要も高く、また、タイ国内では近年高齢化が進行していることもあり、リハビリテーションや介護サービスへの需要も増加しています。そうした中で愛仁会は医師、看護師、理学療法士、事務職員を現地へ派遣し医療支援に取り組んでいます。今後はタイで培った経験を生かして、日本での新規サービスの開発、日本のサービスの国際展開などにも取り組んでいきます。

タイ

サミティベート事業

バンコクのサミティベート病院スクムビットはJCI(国際病院評価機構)認証を受けており、質の高い国際水準の医療サービスを提供している医療機関です。2019年に東南アジアの病院で初となる日本人医療センターを開設し、タイ国内のみならず近隣諸国から年間約14万人の日本人が受診しています。

2016年に社会医療法人愛仁会高槻病院はサミティベート病院と連携協定を結び、職員の相互研修や遠隔医療コンサルタントなど医療を通じた国際交流に取り組んできました。

サミティベート病院に日本人医療センターが開設された2019年より高槻病院から医師と看護師を1人ずつ派遣し、現地職員への教育、日本人患者からの医療相談、医療セミナーの開催など現地の医療サービスの質向上のためにさまざまな取り組みを行っています。また、2021年からは法人本部より事務職員1人を派遣し、法人のさらなる国際化に向けた研修を開始しました。今後は大学生を対象とした国際インターンシップの受け入れにも取り組み、日本国内の医療経営人材育成にも力を入れていく予定です。

サミティベート事業 サミティベート事業

スワンナプーム事業

バンコクにあるスワンナプーム病院において、愛仁会リハビリテーション病院の療法士が回復期リハビリテーション病棟立ち上げに向け現地で直接サポートしております。主なサポート内容は、療法士および看護師を含めた現地スタッフの教育やシステム構築の支援です。タイの医療や文化に合わせた支援を試行錯誤しながら行っています。詳しくは下記をクリックしてください。

愛仁会リハビリテーション病院

スワンナプーム事業