愛仁会グループ

HOME > お知らせ

お知らせ

お知らせ

脊損外来開設のおしらせ

 当院は、平成23年7月新病院に移転、障がい者病棟を立ち上げましたが、脊髄損傷による障がいを持った患者様が増加してきています。これまで脊髄損傷の治療体制、医師をはじめリハビリテーションに携わるスタッフの治療技術の向上、環境の整備、脊髄損傷の方・ご家族を対象とした教室の開催などを進めて参りました。そこで、病院を退院され、在宅生活に移行された患者様の日常生活での様々な問題についても、医療の立場から支援や援助をさせていただくことを目的に、平成25年4月より脊髄損傷外来を開設することになりました。
 外来は、毎週月曜日午後1時30分より1日2名までの完全予約制で、医師による診察の他、看護師による問診、理学療法士による評価も行います。
現在のかかりつけ医(主治医)の先生にご相談の上、受診ご希望の方は、かかりつけ医(主治医)からの紹介状を持って受診してください。受診は、必ずお電話でご予約された日時にご来院ください。受診後の治療結果につきましては、 かかりつけ医(主治医)の先生にご報告いたします。
ご予約、お問い合わせは、当院受付または地域医療室までお願いします。

平成24年11月8日(木)より装具外来を開設します。

 脳卒中片麻痺などの患者様が日常生活上で補装具を使用されている例は少なくありません。補装具は長年使用しますと、装具自体に劣化や不適合が生じてきます。不適合な補装具を使用し続けますと、痛みが生じたり、歩行が不安定になったりします。

 当院において、在宅生活者の補装具の修理や再作成が円滑に行えるための、特殊外来を開設することとなりました。医師、理学療法士、義肢装具士により身体機能を確認の上、補装具を提案させていただきます。

 診療は毎週木曜日午後1時より完全予約制で行います。本外来についてのお問い合わせは、地域医療室(TEL:072-683-1212)が承ります。


「平成24年度 第1回 看護師職場復帰支援講座」開催のお知らせ

長期間のブランクがあり復帰に自信がない方、子育てが落着いたら復職しようと考えていた方、再び看護職を希望されている方ならどなたでも受講いただけます。

開催日:平成24年11月13日(火)~15日(木)
開 催:愛仁会リハビリテーション病院
連絡先:072-683-1212(看護部長室)


ボツリヌス外来開設のお知らせ

 従来、顔面麻痺や痙性斜頸に限って保険が適応されていたボツリヌス注射が、2010年10月に下肢、上肢の痙縮に対しても保険診療で使用できるようになりました。
ボツリヌス注射による治療は、効果に対して副作用も少なく、注射の痛みも少ないなどの利点があります。一方で、薬の値段が高い、効果の持続期間が3ヶ月と短い、原因となる疾患の根本的 な治療法(麻痺が治るなど)ではないなどの欠点もありますが、内服薬や手術など他の治療法に比べても遜色はないと考えられています。
当院においても、脳性麻痺や脳卒中、脊髄損傷などによる痙縮で苦しんでおられる患者様に、注射の資格を持った医師が、診察の上、ボツリヌス療法を行うための、特殊外来を開設することとなりました。
診察及び治療は、毎週水曜日午後1時30分より3時まで完全予約制で行います。かかりつけ医、主治医等にご相談の上、事前にお電話等でお申し込みください。受診の際、かかりつけ医、主治医の紹介状をご持参ください。
本治療についてのお問い合わせは、当院主担当である副院長 住田 幹男が承ります。

地下駐車場進入ルート変更のお知らせ

白梅線供用開始に伴い、2012年4月1日(日)より、愛仁会リハビリテーション病院地下駐車場への進入ルートが変更になります。右折による入庫は禁止されておりますので、ご注意の上、ご利用ください。

日本医療機能評価機構「リハビリテーション機能」の更新認定を受けました。

2011年1月7日付けで、(財)日本医療機能評価機構の定める「リハビリテーション機能」の認定を受けました。認定期間は2011年2月20日から2016年2月19日までの5年間です。

認定証を見る

日本医療機能評価機構「病院機能評価 Ver.6.0」の認定を受けました。

2010年3月5日付けで、(財)日本医療機能評価機構「病院機能評価Ver.6.0」の認定を受けました。 認定期間は2010年5月15日から2015年5月14日までの5年間です。

認定証を見る

病院機能評価結果